新車にフロアマットを装備するなら知っておきたい2つのポイント

念願のC-HRを新車で購入しました。
これから大事に乗っていきたいと思い、掃除道具やコーティングなど色々情報収集してきましたが、真っ先に取り入れたいと感じたのは「フロアマット」ですね。

C-HR購入時にオプションで付けるか迷いましたが、純正品は3万円オーバーだったので、裸で納車してたのです。

雨の日では、たった1日の乗車で車の中が凄く汚れてしまいます。

「急ぐならネットショップしかない」っと思って、C-HRのフロアマットを物色しました。

ところが、種類が豊富すぎて何が良いんだが、調べれば調べるほど分からなくなってしまいました。

価格もピンキリで、5,000円くらいで買えるフロアマットから、中には2万円近くするものまでありました。

しっかり防水効果がある「ゴムタイプ」が掃除もしやすくオススメです。

フロアマットは車内を汚れから守る役割を担っていますが、その構造上どうしても隙間からゴミが入ってしまい、完璧なカバーとは言えません。

そのデメリットを改善したのが「立体タイプ」と呼ばれる、車の形を綺麗に象ったフロアマットがあります。

立体タイプなら、むしろ純正品のフロアマットより高機能かもしれません。

なので私は、
・防水効果のゴムタイプ
・車の形にピッタリハマる立体タイプ
この2つを条件にして、複数のネットショップを慎重に品定めして、最終的にはC-HR専用のゴムフロアマットを注文しました。