いらなそうなドアバイザーにもメリットがある!

大抵の車についているドアバイザー。車の窓の小さな屋根のようなものですね。なんだか邪魔だし、車の見た目も損なうし、洗車時邪魔。

そんな風に思い、ドアバイザーを付けていない人もいるようです。しかし、そのドアバイザーいろいろとメリットがあるものです。

先ずは「雨よけ」です。雨天時に窓を閉め切っていると、窓が曇ってきます。少しだけ窓を開けることによりその曇りを防ぐことが出来ます。もしドアバイザーが無い場合、雨が車内に入ってくることになりますが、有れば多少窓を開けたくらいでは雨は入ってきません。窓の曇りを取るには通常エアコンを使いますが、多少なりとも燃費に影響しますからね。

防犯上のメリットもあります。夏場など車を離れるときは少しでも車の窓を開けておきたいものです。しかし、バイザーが無いとその窓の隙間から車を勝手に開錠される可能性があります。バイザーがあれば車の中に手を入れにくくなるのです。

私自身が現在乗っているフリードにもドアバイザーを自分でつけましたが、思った以上に簡単にできて、しかも快適です。

これらのようにメリットもあるドアバイザー。つけるつけないは個人の自由ですが、検討の価値はあるかもしれません。