社外品の車のフロアマットには当たりはずれがあります

車のフロアマットは、純正品と比較すると社外品は安くてお得なものがあります。
特に、純正品のフロアマットは25,000円くらいから品物によってはそれ以上する場合もあります。確かに、純正品のフロアマットの方が、デザインなどではしっくりすることが多いように感じます。

しかし、最近では社外品でもおしゃれなデザインのフロアマットが出てきています。例えば、ミンク調で毛並みがフカフカしているタイプのフロアマットや色鮮やかなチェック柄のフロアマットなどあります。しかも、純正品と比べるとかなりお得な値段で購入することも可能です。具体的には、純正品の半額以下で購入できてしまうことがあります。Amazonや楽天市場で、すぐに見つけることが可能です。

さて、社外品は一見メリットばかりのようにも感じますが、デメリットもあります。それは、純正品と比べるとフロアマットがずれやすいことがあるのです。フロアマットがずれるということは、フロアマットの下のフロアカーペットの部分が汚れるということです。純正品の場合は、フロアマットがずれないように設計されているようです。その他にも、社外品には当たりはずれがあるために、すぐにフロアマットの記事がほつれてくることもあります。車のフロアマットを通販で購入する場合は、そのあたりを考えて購入の検討をしましょう。