コンサルタントさんにご相談した結果、会社設立が現実的なものに。

私は30歳の時に会社設立をしたいと強く思いました。私の職種はざっくり言うと輸入雑貨を仕入れて販売していると言うものでしたが、社会に出て8年間と言う年月の中、仕事に関しても一人前になれたと言う思いがあり、自分の会社を立ち上げたいと思う様になったのです。

自分の中で仕事は男性以上にこなして行ける自信はありましたが、会社設立に関するノウハウみたいなものが圧倒的に欠けている事は感じていたので、一年そしてまた一年と会社設立に向けての行動が遅れる原因になっていました。

その少し前に同期入社社員が会社を退職をして、会社設立をしたと言う噂を聞いていたので、思い切って同期を訪ねて自分がしたいと思っている事を相談すると、会社設立に向けて専門家や斡旋などをしてくれるコンサルタントさんに相談するべきだと言う的確なアドバイスをくれました。

また、会社設立時に同期が相談をしたコンサルタントさんを紹介してくれる運びとなり、その後は私もコンサルタントさんの元へ通いました。

資金調達の事は本当にとても勉強と参考になり、その後の私の会社経営者としても生きることになったくらいに学びが大きかったです。資金繰りの事はなかなか素人の方には相談をする気持ちにはなれなかったので、やはり専門のコンサルタントさんを頼って大正解だと後々になればなる程に思えました。

お陰さまでコンサルタントさんにご相談をしてから約半年程度で退社そして会社設立までいけたので、本当に感謝していると共にこれからからも宜しくお願いしますと言う気持ちで一杯です。