ダイハツの新型タントの購入と乗り心地について、

軽自動車というのは、我が家では常に2台目(セカンドカー)の車として役立っていますが、通常は主婦の私自身が家の周辺の用事やお買い物に主に利用しております。

今回の新型タントの購入に関しては下取りの車を引き取ってもらって値引きも併せて23万円の値引きということで商談契約しました。実は我が家ではセカンドカーとしての軽自動車は3台目の車になりますが、以前まではスズキのワゴンRを乗っていましたが、ダイハツタントは以前から同じ軽自動車でも大きく見えて室内も充分に広く感じていたところだったのです。

価格的にはディラーの店頭価格が有に100万円を超えていたが23万円の下取りと値びきということも有って90万円台で実質購入できました。 ところが、各種税金や消費税などを加わったために目標の100万円は遥かに超えてしまいました。

結果として、全体的には安いか高かったはチョット判断がつかなかったが、そして更に、私自身運転するときは当初の内は素足で運転するようにしているので、新型タントカスタムのフロアマットは足に気持ちのいいマットを通販で購入したところです。

新型タントを購入してから初めて所要で都内の立体駐車場に停めようとしたところ、車の高さ制限を越えているというので駐車出来ない事もありました。しかし、高速性能もよく安定した高速性能はさすがで、時速100kmを超えてもビクともしませんでした。従って、行楽などの近距離旅行などには燃費も高速料金も安く使用できますので、家族4人が安心して出かけられます。

ただ、以前の車は気が付きませんでしたが、路面の舗装の状態によっては走行時の騒音が当初は気になっていました。