意識して落としたいドアバイザー内側の汚れや埃

今時の車種なら殆どの場合、新車購入時から付属してくるドアバイザー。雨天時に側面の窓に水滴が付き難く、よりクリアな視界が確保出来るといったメリットを有しているのですが、得てしてその雨天後に、その構造からちょっとした問題を引き起こしてしまうケースが多いのです。

別に車の走行性能に直接影響を与えるというものでは無いのですが、ドアバイザーの内側に一旦汚れや埃が溜まってしまうと、上から水を掛けるだけの洗車法ではそれらを落とす事が出来ず、いちいち手で雑巾やブラシを突っ込み洗わなければならないという手間が発生してしまうのです。

特に雨天時は雨水と共に周囲から汚れや埃がドアバイザーの内側に侵入し易く、それが乾燥後に窓の表面にこびり付いてしまい、落ち難い状態となってしまいます。
ドアバイザーを当面取り外す予定が無く、しばらく利用し続けるのであれば、洗車時は意識してドアバイザーの内側を丁寧に拭き掃除する様心掛け、その部分の外観や視界が悪化しない様気を付けなければなりません。