確実に増えている軽量・強靭なカーボン製パーツ

車に取り付けるエアロパーツも、最近になって強度面をクリアしたカーボン製  あるいはそれらを配合した製品がかなり増えてきた印象があります。

カーボン製のエアロパーツは文字通り、炭素繊維の強靭な編み込みによって構成されていますが、これらは車の走行性能において極めて重要なファクターとなる軽量化をも実現し、同時にコストパフォーマンスも発揮してくれるのです。加工性、しかも小物への加工にも適しているカーボンの車における活躍の場は、何も外装パーツだけという訳ではありません。

内装においても、ドライバーのドライブフィールを左右するシフトノブやハンドル、各種スイッチパネルやシート周りのパーツ等、長時間に渡る過酷な環境でも心地良い運転性や居住性を確保してくれる製品が数多く開発・販売されているのです。

カーボンらしい漆黒ベースの落ち着いたカラーリングはまさに大人向けの印象。表面加工によってはカーボン繊維の編み込みの幾何学的なパターンが眺められ、面白くも美しい印象を与えてくれます。

こういったパーツは専門のショップでつけてもらう事も出来ますが、例えば、n-boxのアクセせサリーパーツのように車種名+アクセサリーパーツなどでインターネットで検索するとかなりの数のパーツが販売されていますのでぜひ探してみてください!