相続の手続きに関して相談したい時は行政書士へ

相続の手続きについて専門家に話を聞きたいという時は、書類作成について詳しい知識を持つ行政書士に相談してみるのがおすすめです。弁護士や司法書士、税理士などに相談することもできますが、何となく敷居が高いイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。その点、行政書士は町の身近な法律家と呼ばれているだけあって、親しみやすさがあります。そのため気軽に相談することができます。

行政書士の業務内容は、主に公官庁などの行政機関に提出する書類を作成したり提出手続きを代行したりすることです。相続に関しては、遺言書の作成やそのサポート、遺産分割協議書の作成、相続財産の調査、相続人の確定調査などを行うことができます。

遺言書とは、自分が亡くなった後に今まで築いてきた財産をどのように残すのかを記しておく書類になります。相続では遺産を巡って身内同士でトラブルになるケースも多く、遺言書を作成しておくことでそういった相続人間のトラブルを防ぐことにもつながります。

しかし、せっかく残した遺言書でも必要なことが書かれていなかったり、曖昧な表現がされているなどしてあまり意味のないものになってしまうことも少なくありません。例えば、遺言書に全ての財産が記されていない場合には、結局相続人同士で話し合わなければいけない事態になります。日付が入っていない遺言書が複数見つかった場合にも、どれが一番新しいものなのか分からなくなってしまいます。行政書士のサポートを受けることで、そういったトラブルを防ぐことができます。